夢見るバクと悪夢のディナーを

0皿目~

草薙カブラはここ2ヶ月ほど悪夢にうなされている。
原因も解消方法も分からず、ろくに眠れない日々が続き、徐々に衰弱していく。
そんなある日、彼は姪の稀子を引き取る事になる。
一方、稀子も自分がバクになる不思議な夢を見るようになる。

 

 

0皿目 序章
1皿目 カブに黒のインクを添えて①
2皿目 カブに黒のインクを添えて②
3皿目 カブに黒のインクを添えて③

 

夢見るバクと悪夢のディナーを 0皿目
稀子

ばくま まれこ

獏馬稀子

カブラの所に居候する事になった姪。
年齢の割に少し大人びた印象の女の子。大人しく口数が少ない。
ある日、自分が「バク」になる不思議な夢を見るようになる。

稀子
カブラ

草薙カブラ

稀子の叔父で小説家。編集者に言われるがまま、ミステリー・サイエンス・ホラー等手広く執筆している。
テンションや感情の上下があまりない。
周りの人からは「常に眠そうな人」と思われているが、そんなことはない。

カブラ
ドグマ

夢野ドグマ

謎の少年。黒い服を着て少し顔色が悪い。
色んな地区にいる姿を目撃されているが詳しい事は不明。

ドグマ
乱歩酔歩